ブログトップ

thunderhead 入道雲

clearweath.exblog.jp

仕事も趣味も、天気と同じ!         

京都人と呼ぶには三代の世代交代・・・

タイトルは決まりました・・・「キョウト ピープル イン ジャパニーズ」今日のお題目です。

本日の京都南部は「雨」です 時折 雷の唸りも聞こえます・・・
・・・
・・
・ツー ビー ネクスト

そう三世代目にして初めて京都の人とされるらしいのだ

何だろう 親世代の方言や訛りが駄目なのか


私の嫁の親は両親共に地方出身者で九州と山陰の混血児(?)というべきか

18歳ごろからの恋愛は23歳にして結果へとなったのだが

実に微妙な言葉であった印象だ・・・・そう二代目である


私はと言うと知りえる限りでは6代目だと思う・・・・立派な京都人だ(金に縁の無い庶民ですが)



では京都人の居住区とは どの辺りを言うのか


北には大原女と言って 洛北の大原や八瀬から紺の着物にずきん、脚半姿で町に出て

花や薪を売り歩いていた方たちだ・・・実に京都人らしい印象、今も上京区辺りでは見かけるか

c0080856_1653541.jpg


最近流行の地方からの旅行者のギャル・・・祇園界隈で舞妓の姿に変身して ぶらりぶらり

それを知らずに観光客が

「麻衣子さん、あっ兄の娘の名前です   舞妓さん一枚お願い」

と写真撮影をと願い出るそうで 自白するのかしないのか 一緒にツーショットとなるのです

言えば彼女達は俄(にわか)」仕立ての舞妓姿・・・大原女も然り と言うことは

京女の条件は衣装なのだろうか?



男性に関しては 女性ですら着物離れの進む中 正月位は着物着ましょかという方

これはがまた悲しい 様にならない着物姿は ただの借り物・・・何とも形容できません


お金を使うのも「旦那遊び」 勘違いの族は一世を風靡して金回り宜しく札で横っ面叩く

まぁ某IT関連の方でロケット飛ばすとか お金があれば何でも出来ると大人を怒らせた青年

居ましたね・・・確かに大金持ちですが いくら祇園や東山の閑静な料亭に出向いても

様にならないんですよね。


「旦那衆」が京都の産業も 料亭も 祭りも守り立ててきたのではないかと

遊びの中に「粋さ」・・・お金などの心配は遊んでいる間は皆目頭の中には無い

真似事をしても頭の中は おいおいこのボトル 幾らやろかと・・・・

誰ガ見ても判る 俄仕立ての金持ち・・・・即刻退場!


まぁ真似事も回を重ねるごとに 様になりますが 家庭を潰さん程度にあそびまひょ


あっはっはっは 違うんですよねぇ

何ガとは漠然として言えないんですがぁ

お前は違うとは言えないんですよねぇ

・・・・微妙に言いたい気持ちと言っちゃ駄目という その曖昧さと微妙な感じ


イエスをイエスと ノーをノーと言えないのがある種 京都人気質かなぁ

京都の基幹産業であった室町の和の問屋街に西陣の織に関する商店の主


何か自然に出てくる かもし出している粋さを備えた方だと思うのですが・・・・・・・


京都にも忍び寄る 不況の嵐

祇園祭は昔 京都に厄病が蔓延し 都に危機が訪れた際に 町衆で都を守り立てようと

始まった祭りだと聞き及んでいます。


京の町衆・・・・・今もって健在なのでしょうか?


京都人の居住区 Part2 に続きます









 
[PR]
by jiccyama | 2008-12-05 09:33 | Any & Everything