ブログトップ

thunderhead 入道雲

clearweath.exblog.jp

仕事も趣味も、天気と同じ!         

c0080856_1885539.jpg


2006年05月04日 本年初の渓流釣り(管理型システムの自然河川)は滋賀県は愛知川の永源寺ダムから直線5キロ上流の須谷川で釣る、池田養魚場が管理 御在所岳が源である。

レギュレーション:

須谷川に掛かる(三重県に抜ける)国道421号も交差から上流の餌釣りとの境界から上流がフライ専用(A区、B区)として日に2グループが許可されているようだ。

キャッチ&リリース、バーブレスフックは言うまでもない、どうしても岩魚が食べたければ、渓流館で松竹梅の定食から選ぶか、養魚プールで持ち帰り用に釣るか網で掬ってもらうかすればいい。

ドライにニンフ、ウエットと自分の技量にフライのテストを兼ねるもよし、渓流魚岩魚の生態を釣りながら垣間見るもよし・・・・手付かずの自然渓流に比べると危険は少ない、だが釣り場そのものは「自然渓流」と言うことを忘れないほうが良いのでは・・・・・。
[PR]
# by jiccyama | 2006-07-15 18:15 | Angling
仕事以外で自慢のネタなど全く無いのだけど!

そう釣を始めて36年になる、餌釣りのハエに箱釣りの箆鮒に野池、渓流釣りの餌釣りと
筏のチヌ釣り・・・・・平成元年に友人に連れだって行った福井の真名川だったか
当時は餌釣りからテンカラに移行して数年「釣れないテンカラ師」だったから
友人のしていた「フライに移行」するのに迷いは無かった
以来フライオンリーと言っていいだろう

ジャンルに固執しなければ「釣り暦36年」は自慢しても良いかな。

で、腕は?

あっはっはっは、全く上がってない・・・・・この結果は反省してるんだ。

ブログのタイトル「入道雲」って?

そう、ピーカンの天気で突然空が真っ黒になるんだ・・・・・通称「積乱雲」
地面を叩きつける「雨に雷」
岐阜の山中で雷が真横から聞こえたときは「落ちるかも」と冷や汗ものだった。

考えてみりゃ、人生もそうだ・・・・思い当たることの一つや二つ、
時にゃ、バケツをひっくり返すほどの大雨に雷・・・・・

「自分の人生」に妙に似てるんだ。
[PR]
# by jiccyama | 2006-07-15 17:23 | Angling