ブログトップ

thunderhead 入道雲

clearweath.exblog.jp

仕事も趣味も、天気と同じ!         

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0080856_12372378.jpg


A #15パラシュート ダンカラーのハックルは空中分解で所在不明
            ウイングはピーコックネックハックル

c0080856_12373447.jpg


B がまかつCタイプのフックにエアロドライウイングをポストに
            パートリッジをレッグ&ハックルに使用(誰かくれた?)

c0080856_12385756.jpg


C #14ドライ用フックにクリーム系のスレッドボディー&CDC カディスかガガンボか?

C 以外はフッキングに至ったフライですが、Aへの反応は特に良かったですぅ~!
[PR]
by jiccyama | 2007-06-28 11:30 | Angling
c0080856_8334466.jpg


滋賀県近江の国は高島にあるガリバーフィッシングガーデン:GFG
久しぶりに仕事の都合で「立ち寄ろう」と計画したのだが

一山超えれば滋賀県そんな職先への集荷予定も済ませ
一路近江高島へ・・・・・・と電話

今度は平野を抜ければ奈良県方面からの集荷の依頼が

急遽予定を変更

時間は9時半を回り・・・・・・・今から二時間をかけ帰宅に二時間少々と往復で費やす時間

高島に行くには時間のロスが大きくなった状況から

行き先を変更 宇治から30分

滋賀県は南部の信楽町・・・その近くにある「なごみの湖」へと向かった


濁りと、ターンオーバーにより「釣れない時期」と厳しい状況ながら
10時半過ぎから午後の4時過ぎまで合計片手の釣果

50センチのレインボウの「ヒット&ラン」

友人から譲っていただいたロッドの試振り・・・・・実に縁起の良い竿となった次第!

レビュー 9” #5  TTラインに 4Xリーダー 5Xに6X段継ぎでティペット 使用

フライの紹介は後日。。
[PR]
by jiccyama | 2007-06-28 08:59 | Angling
平成11年に日曜大工センターの園芸コーナーで買った
そこそこ高かったと記憶しているが・・・・定かじゃない!

同時に買ったサクランボ二本もだが
果物屋さんに払うべき価格が乗っている感じがする

その付加価値:花を楽しみ、おまけに喰えると来くるのだから

京都では西山の「筍:竹の子」を旬に頂く家庭が多い
そんな時期には必ずと言って良いほど「山椒の苗」があちら此方のセンターで

見受けるのだが・・・・・どこも高い!

c0080856_1243652.jpg


今年のラズベリー最後の摘み取りも無事に済んだ
昨年に出てきた子株を移植しての成果だ・・・・・・工房内のあちこちに8株程今年も増やした

来年はジャム屋さんと蜂蜜屋さんが開業できるかも!!
[PR]
by jiccyama | 2007-06-23 12:44 | Dining Room
c0080856_14333267.jpg


ラズベリー:スポッと芯が抜ける、摘み取りやすいと思うんだけど・・・・やっちゃ駄目だめ!
       そんな摘み取りでは傷みが早い、水で洗うにも実がバラけるし
       所詮時間をかけてジャムを作ろうなんて事なんだから
       丁寧に・・・・・丁寧にハサミで実の額の上を切取ったほうが良いかな

       何なら刈り取りながらの摘み食い、ホコリを喰って死ぬわけじゃなし・・・お勧め。

       畳半畳ほどに茂ったラズベリー、摘み取り二度分に砂糖とレモン4個の果汁で
       出来上がったジャムが凡そ900グラム

       昨年までは裏ごしをして種を取り除きレモン絞り汁を加えて3分の2に煮詰め
       グラニュー糖1キロを加えて再度煮て粗熱を取り瓶詰め・・・・・

素人料理:保存なんて考えもなく、甘さもペースト感も気分次第
       差し上げる方にも「不出来です、さっさと食べて」

今後の予定:インディアン(ブラック)ベリーのジャム作り・・・・そろそろ黒熟した実も見かける
[PR]
by jiccyama | 2007-06-18 14:52 | Dining Room
c0080856_9313265.jpg


数匹だったミツバチだったが

あっという間に隣家の石組みの基礎と壁の隙間の奥に巣を作ったようだ

今朝もドッバーとミツバチの大群が

我が工房の垣根の満開の「キンシバイ」に飛来


昨今のニュースによると
日本からミツバチが消えた(聞捨てのネタですから?)

日本も西洋ミツバチも神隠しの様相らしい

スタッフの皆さんの意見

親方「蜂蜜屋」しましょか??
[PR]
by jiccyama | 2007-06-17 10:12
所詮は私らが巻いている毛鉤:フライちゅうもんは
真似物で

オイリジナリティー溢れる毛鉤を巻く方も居られるだろうが
どっか辿っていくと真似物で

プロも知らず知らずのうちに頭の中に潜在しているパターンをヒントに巻き
完全なオリジナルちゅうもんは中々出来ないのではないだろうか・・・・・何てことを

なんて事を偉そうに言っていたんだが
毛鉤ちゅうもんは「似て非なるもの」で済ませられるのが私らで

同じパターンを巻くにしても・・・・・・此処まで丁寧・几帳面に巻かれる現場に遭遇した事は
初の体験であった!

移動の疲れも忘れて深夜に至るタイイングタイム
その数も説明をしながら、眩しいデジカメのフラッシュを3、40センチの至近距離から受け

c0080856_17272565.jpg


そんな中、あっという間に十数本巻き上げる

同じパターンを数本巻いてもシルエットに違いが無い

そんな中から綺麗に写った一本(えっと、公開禁じられていなかったよな?)を紹介しよう!!

c0080856_1712195.jpg


度々登場されるフライの雑誌でも、パターン紹介にも「フライ名」の掲載が無い

何かの啓示か、拘りか?
[PR]
by jiccyama | 2007-06-16 17:32 | Angling
恵那山トンネルは本州で一番長いトンネルと記憶しているんだけど・・・・

長ぁ~い、ロッドを使い始めて

長ぁ~い、トンネルを通り過ぎ

長ぁ~野の川で釣りをして・・・・・・・・・・


行きしなに通った長ぁいトンネル

帰りに入り口を見たとき・・・・・・・・・ふと思った

c0080856_19142993.jpg


入ったら、出口は無いかもぉ~

c0080856_19154035.jpg


高速道路のトンネルにゃ有ったが



この長いロッドを振り回し始めて出口は無いのかもと本気で思った、今回の釣行!


友人のレクチャーのお陰でぼんやりとだけど出口が見えた感じ・・・・・一条のまばゆい光

気遣う仲間の気持ちに答えるには「練習」有るのみ。


記憶に残る思い出の釣行だった、Yプロの人柄と彼に引かれるメンバーとの出会い
彼の丁寧なタイイングを目の当たりにして

仕事以外で「師」は持たんとの持論が間違っていたような・・・・・・そんな一泊二日の旅だった


コッツン・・・・・・・・・・けど合わせてはいけなかった(これ常識らしい)、勉強勉強
[PR]
by jiccyama | 2007-06-13 19:29 | Angling
c0080856_8382127.jpg


はかばかしくない天気予報・・・・・雨か、本流は濁流と化すのか?

日頃の行い・・・・・・まさか、ぼ〇に限って。
            同行者の〇れ〇の災いか・・・・・・?

久し振りの照る照る坊主作ろうか・・・・・ぎゃぁ~、ボウズ坊主ぼうず禁句ですがな!!

いやいやこのボウズはスピーカーのボウズですから。。。(苦)
[PR]
by jiccyama | 2007-06-08 08:46 | Angling
いやぁ ウキウキ・・・・・、よりも  ドキドキかなぁ~

前回の釣行は宿から釣り場に向う道路ではミゾレが「降っていた」
そして着いた河原には「雪」

前回は三月だったっけかな
今回は六月中旬が予定日がだ、毛鉤は巻いていない・・・・ロッドも振っていない

大丈夫だろうか、ぎゃっはっはっはアカンアカン
フライが無きゃ釣れん・・・・

長い竿も よぉ振らんが トーマスの親父のアドバイスを当日は実践しよう

「10メートル先の魚を釣れんかったら何ぼ飛ばしても釣れません」

当たり前のような意見だが流石はプロやね
長い竿を弄ぶ初心者が陥る欠点「飛ばしたい」

・・・・・・そんな気持ちをよくご存知な意見だ!!

毛鉤は巻かにゃ がむしゃらに巻かにゃ 汚くても釣れるときはある
無けりゃ絶対に釣れん

c0080856_18331738.jpg


でタイイングのタイミングとなった次第。

ノルマは日に4本 (老眼でも見やすい #4・6 の Wet が中心)

既に巻き始めて10日・・・・・・おかしい40本も無い。何ぁ~故
[PR]
by jiccyama | 2007-06-02 18:43 | Angling